ビーソフテンローションで乾燥肌をしっかり治す!

秋ごろから感じ始める乾燥

秋

9月くらいの秋が始まるころから化粧乗りが悪くなることから乾燥肌が気になり始めました。


ファンデーションはクリームタイプを使用しても粉を吹いたように見え、夕方にはひび割れのように見えてきたころから乾燥肌が気になってしょうがなかったです。


また、お風呂上りに化粧水をたっぷり塗っていても翌朝にはカサカサとした吸いつくような肌jではないことが良くありました。


日中も化粧をしていない日でもお昼前頃から肌が乾燥でピリピリとした刺激を感じるようになってきました。


化粧水を塗り、乳液、美容液を塗っていてもすぐに乾燥をし、しだいに顔の頬や口回りがかゆくなってきました。


昼も夜もかゆくてしょうがなく、赤身も出てきてしまったので本気で乾燥肌対策をしようと思いました。


ビーソフテンローションがおすすめ

化粧水

自分自身では化粧水をコットンにしみ込ませ、パックのように2.3分顔に張り付けたりしてました。


パックをすることでフタのようになり肌が化粧水を吸い込みやすくなると考えたからです。


一向に改善することがなかったので皮膚科に相談をしました。


ビーソフテンローションという化粧水のような薬をもらいそれを朝晩化粧水代わりに使用しました。


肌に給水しやすい薬剤が入っているという事でした。


やはり、皮膚科に通おうと思ったのも自分なりの思い付きでやってはあまり効果がでなかったということと、何百人と同じような乾燥肌の患者を診ている専門医に相談することが一番てっとり早いのではないかと考えたからです。


また、いろいろな化粧品を試すより保険適応の薬の方が安く済むのだと思ったからでした。


かゆみや赤みもなくなった

綺麗

処方してもらった薬を朝晩塗るようになって効果はすぐに実感できました。


まず、塗ったすぐから化粧水がぐんぐんと肌になじみ、吸い込んでいく感じがします。


それから時間がたってはだを触っても指が吸い付く感じがじぞくしていました。


また、2.3日すると肌自体がしっとりしているのに触るとつるつると平らな感じで余計な突っかかりを感じられなくなりました。


パウダーファンデーションを塗っても粉っぽくみえることもなくなりいい感じに仕上がっています。


冬であるのに起床した時にもちょうどよくしっとりしています。


あんなにひどかったかゆみや赤みもすぐに消え気になることはなくなりました。


薬なので無くなってしまってからは通常の化粧水にしましたが、肌自体の状態を良くしたからか、それから乾燥には悩まされていません。